第96回全国高校ラグビー大会第3日は30日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で2回戦が行われた。愛媛代表として39年ぶり2度目の出場の松山聖陵高校は山口県代表の山口高校に40―15で勝利し、ベスト16入り。県勢としては1990年の新田高校以来、26大会ぶりに2回戦突破を果たした。

 松山聖陵高校は2点リードの前半終了間際にセンターの宮本朋哉選手がトライを決めるなどしてリードを広げた。後半にも主将の三好優作選手がトライを決めるなど得点を重ねて逃げ切った。

 松山聖陵高校は2017年1月1日の3回戦で福岡県代表の強豪、東福岡高校と戦う。

...    
<記事全文を読む>