大阪・花園ラグビー場で開かれている全国高校ラグビー大会は三十日、二回戦があり、県代表の朝明(四日市市)は、大阪府第三地区代表の大阪桐蔭に3-38で敗れた。強みのFWは強豪校相手に十分渡り合ったが、悲願の16強入りは二年連続でかなわなかった。

 序盤は一進一退の攻防が続いた。朝明は大阪桐蔭の猛攻に冷静な守備で対応し、時に敵陣まで押し返した。前半14分、隙を突かれて先制トライを奪われたが、29分にペナルティーゴールが決まり3点を返した。

 後半は開始直後に相手ゴールラインの約5メートル手前でセットプレーの好機があったが、トライにつながらなかった。大阪桐蔭は後半で4トライを奪い、朝明はそ...    
<記事全文を読む>