大阪府東大阪市の花園ラグビー場で二十七日に開幕した全国高校ラグビー大会で、県代表でBシードの中部大春日丘(春日井市)は三十日、仙台育英(宮城県)との初戦を迎え、24-22で勝った。三回戦は、来年一月一日に京都成章(京都府)と戦う。

 中部大春日丘は前半13分、ゴール前のスクラムを起点にWTB水野裕也選手(三年)が先制トライ。直後に逆転を許すも、27分に相手スクラムを押し切ってボールを奪い、波状攻撃から最後はプロップ蜂谷元紹(もとつぐ)選手(同)が勝ち越しトライを挙げた。

 後半は、相手のパスを奪ったWTB石本智一選手(二年)がそのまま独走してゴール中央にトライ。その後は、ミスが続い...    
<記事全文を読む>