花園ラグビー場(大阪府)で開かれている全国高校ラグビー大会で、県代表の光泉(草津市)は三十日、前回優勝の東海大仰星(大阪第1)と対戦し、5-61で敗れ、初の二回戦突破はならなかった。

 光泉は前半九分と十六分、フォワードに集団で持ち込まれて連続トライを奪われた。攻め手がないまま計5トライを許し、前半を0-35で折り返した。

 後半も苦戦を強いられた。素早いパス回しで前進を試みるたび、厚い守備に阻まれた。それでも後半二十五分、ゴール前でボールを回し、右センター三崎瑛登(あきと)選手(三年)が左中間にトライ。その後は選手の動きが良くなり、敵陣深くまで攻め込んだが、追加点を奪うには時間が...    
<記事全文を読む>