第96回全国高校ラグビー大会第3日は30日、東大阪市の花園ラグビー場で2回戦16試合が行われ、長野県代表で5大会連続29度目出場の岡谷工は、2大会ぶり12度目出場の東京(東京第1)に5―73で敗れた。

 岡谷工は立ち上がりから体格で勝る東京に押し込まれ、5連続トライを許した。前半20分にラックから左に展開してFB竹花がトライを奪ったものの、その後は再び東京に主導権を握られ、後半は5トライを許した。

 Aシードの東福岡は20トライを奪い、1試合の大会最多得点記録を更新する139―0で浜松工(静岡)を退けた。従来の記録は、第80回大会で佐賀工が砺波(富山)を相手に挙げた137点。

 前回...    
<記事全文を読む>