ラグビーの第96回全国高校大会第3日は30日、東大阪市の花園ラグビー場で2回戦16試合を行い、埼玉県代表で3大会連続9度目出場のBシード深谷は長崎北陽台から3トライを奪って19―7で勝ち、2大会連続で16強に進出した。

 深谷は粘りの守備から攻撃に転じ、前半20分にWTB井下が飛び込み先制した。同29分には密集を突破したフランカー川中が2本目を押さえた。後半3分に守備網を突破され1本失ったが、同28分に展開攻撃の最後をCTB浅見が決めてダメを押した。

 深谷の横田監督は「ゲームプラン通りに球を大きく動かして攻めてくれた」と大きくうなずき、主将のSH新井は「球に相手が寄ってくるイメー...    
<記事全文を読む>