歴史的大勝発進だ! 2回戦16試合があり、東福岡が1試合大会最多得点記録を塗り替える139-0で浜松工(静岡)に大勝して3回戦に進んだ。20トライを挙げ、2000年度大会に佐賀工が作った137得点を更新。主将のロック箸本龍雅(3年)がチーム最多の5トライをマークし、3トライを挙げたキッカーのCTB森勇登(同)が計54得点を一人で稼いだ。16年度の全国選抜大会と全国7人制大会を制している東福岡。2年ぶり2度目の「高校3冠」へ最高のスタートを切った。元日に行われる3回戦で松山聖陵(愛媛)と対戦する。■森のPGで更新 異次元だ。東福岡の圧倒的な強さに誰もが度肝を抜かれた。139得点で...    
<記事全文を読む>