第96回全国高校ラグビー大会第3日は30日、東大阪市の花園ラグビー場で2回戦16試合が行われ、本県代表の長崎北陽台はBシードの深谷(埼玉)に7-19で敗れ、3回戦進出はならなかった。この日からシード勢13校が登場。Aシードの東福岡は、歴代最多となる139得点を挙げて浜松工(静岡)に圧勝した。  長崎北陽台は前半20分にバックス展開から、29分にはモールから計2トライ(1ゴール)を献上。0-12で入った後半3分、ゴール前PKからサインプレーを仕掛け、最後はフランカー山添の縦突破でトライ(ゴール)を返したが、終了間際にダメ押しのトライを許して突き放された。  第4日は来年1月1日、...    
<記事全文を読む>