第96回全国高校ラグビー大会は28日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で1回戦を行い、長野県代表の岡谷工は名護(沖縄)に22―21で逆転勝ちして6年ぶりに2回戦に進出した。県勢の初戦突破は2011年の飯田以来。

 5年連続29度目出場の岡谷工は前半に9点をリードされる苦しい展開。それでも後半18分にペナルティーゴールで6点差に迫ると、試合終了間際の同28分にモール攻撃からトライを決めて1点差に。加地凌真選手(3年)がトライ後のキックを決めて2点を奪い、逆転に成功した。

 岡谷工の2回戦は30日正午から行い、東京(東京第1代表)と対戦する。

...    
<記事全文を読む>