◆若狭東10-54仙台育英 第九十六回全国高校ラグビー大会二日目の二十八日、県代表の若狭東は花園ラグビー場第一グラウンド(大阪府東大阪市)で宮城県代表の仙台育英と一回戦を争い、10-54で敗れた。

 若狭東は前半2分、ラインアウトからモールを押し込み先制トライ。強豪相手に早々の先制で応援席は盛りあがったが、体格に勝る仙台育英に火がつく。同7分、仙台育英がラインアウトからモールに持ち込みトライを決め、すぐに点差を取り返された。

 手薄な両サイドの一対一を突破される展開が続き、前半だけで計5トライを奪われた。

 若狭東は同30分にゴール前のラックからトライし応戦。10-35で前半を折り返す...    
<記事全文を読む>