第96回全国高校ラグビー大会第2日は28日、東大阪市の花園ラグビー場で1回戦の残り11試合があった。県代表の舞鶴(31年連続55回目)は茗渓学園(茨城)と対戦。17―20で惜敗し、花園通算80勝はならなかった。

 第3日は30日、同ラグビー場で2回戦16試合があり、シード校が登場する。

 「ボールの保持時間を長くして地道に攻める」。素早い展開ラグビーを得意とする相手に対し、舞鶴は個々の鋭いタックルで流れをつかみ、理想の展開に持ち込んだ。だが勝利には届かず、悔しい敗退となった。

 舞鶴はFW、茗渓学園はBK、互いに最も得意とする戦いで真正面からぶつかりあった。舞鶴が前半終了間際に逆転し...    
<記事全文を読む>