第96回全国高校ラグビーフットボール大会は27日、東大阪市の近鉄花園ラグビー場で全国47都道府県から代表51校が参加して開幕。来月7日の決勝戦まで7日間にわたる熱戦を繰り広げる。2年ぶり10回目の出場を果たした県代表の御所実は、大会第3日の30日、第1グラウンドの2回戦第5試合(午後2時30分開始)で尾道(広島)―関商工(岐阜)の勝者と初戦突破をかけて対戦する。

 開会式は雨が降る中、出場校が南北2つのゲートに分かれて入場行進を行い、前大会優勝の東海大仰星(大阪第一)と同準優勝の桐蔭学園(神奈川)の2校が先頭を務めた。御所実は北ゲートから2番目に登場し、黒のユニフォームに身を包ん...    
<記事全文を読む>