岐阜県代表で6年連続37度目出場の関商工は28日の1回戦で尾道(広島)と対戦する。14大会ぶりに16強に進出し古豪復活を予感させた昨年に続く活躍で、今年も「花園で正月」を目指す。

 県大会決勝は圧勝した昨年から一転、1トライ差で逃げ切った。体格差で勝ったFWがボールを保持し、岐阜工の後半17得点の猛攻を辛くもしのいだように映った。井川茂雄監督は「相手より確実に勝っている部分を前面に出して勝ちにこだわった結果」と話し、県大会決勝の戦い方が全てではないことを強調する。

 FWの平均体重は90キロに迫り、昨年に続き重量感があるが、全国の強豪相手にアドバンテージとなるかは未知数。やはり伝統...    
<記事全文を読む>