第96回全国高校ラグビー大会は27日、東大阪市の花園ラグビー場で開幕した。開会式で秋田県代表の秋田工は、プラカードを持った斉藤岳(3年)に続き県の代表旗を手にした佐々木哲平主将(同)ら選手が堂々と行進した。

 出場選手を代表し、日川の中沢俊治主将が、リオデジャネイロ五輪での日本選手団の活躍に触れ「ノーサイドの笛が鳴るまで諦めず、一心不乱に戦い抜くことを誓います」と宣誓した。

 28日は1回戦の残り11試合を実施。秋田工は30日の2回戦から登場し、午後1時15分から同ラグビー場第2グラウンドで報徳学園と戦う。

...    
<記事全文を読む>