第96回全国高校ラグビー大会は27日、東大阪市の花園ラグビー場で開幕し、開会式と1回戦を行った。本県代表の浜松工は大会に合わせて新調した紫と金のジャージーに身を包み、開会式で力強く入場行進した。浜松工―米子工の1回戦は28日午後2時開始予定。

 ■新ジャージーで憧れの地 小雨の中、行われた開会式の入場行進。浜松工は、初戦で当たる米子工(鳥取)と、勝ち上がれば2回戦でぶつかる東福岡の間に挟まれて入場した。大塚主将は「ずっと目指してきた場所。やっと来たんだな」と感慨を胸に、憧れの地を踏みしめた。

 SO小池も「(行進は)90点ぐらい」と納得の表情。着用した新ジャージーはチームカラーの紫...    
<記事全文を読む>