全国高校ラグビー大会は27日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕する。長野県代表の岡谷工(5大会連続29度目出場)は28日に1回戦で沖縄県代表の名護(3大会ぶり16度目出場)と対戦する。6大会ぶりの「花園勝利」はもちろん、目標はその先の初のベスト16入りだ。

 伝統のFW戦は健在だが、今年の岡谷工はそれだけではない。勝野監督は「モールだけではなく、バランスの良いパス、ラン、キックでいかにトライを奪うか。今年は『トライの質』を求めてきた」。展開力という新たな武器を磨いてきた。

 その戦い方が垣間見られたのが、11月の県大会決勝だ。岡谷工のFW8人の平均体重は昨年より約5キロ増の83...    
<記事全文を読む>