全国高校ラグビーに3年ぶり5度目の出場となる浜松工の選手が、首位争いの熱戦を観戦した。

 ヤマハ発対サントリー戦のハーフタイムにピッチで壮行会が行われ、25人の選手が鮮やかな金色と伝統の紫色で彩った新しいユニホームを披露した。

 大塚滉生主将は「トップリーグの選手のように強く、静岡県代表として責任を持って戦い抜く」と必勝を誓った。

 浜松工は25日に花園へ出発し、28日に米子工(鳥取)との1回戦に臨む。

...    
<記事全文を読む>