第96回全国高校ラグビー大会は27日、東大阪市の花園ラグビー場に51代表が出場して開幕し、来年1月7日まで熱戦を繰り広げる。県勢は、3年連続11度目出場の高松北が初日の1回戦(午後0時半開始)で流通経大柏(千葉)と対戦。磨き上げた走力で同校初の花園1勝を目指す。

 先発は3年生3人、2年生6人、1年生6人の若い編成。経験値は高くないが、伝統の展開ラグビーに加え、スクラムやラインアウトといったセットプレーの安定感も増した。

 チームの柱は、主将のFB野崎。司令塔としての視野が広く、俊足を生かして攻撃の起点にもなる。得点源は、県大会決勝で先制トライしたWTB入谷、2トライしたCTB高木...    
<記事全文を読む>