28日、黒沢尻工と初戦 第96回全国高校ラグビー大会は27日、大阪府東大阪市の近鉄花園ラグビー場で51校が出場し開幕する。35年連続45度目の県代表となった佐賀工は、5年ぶりのベスト8以上を目指し28日に初戦を迎える。大会を前にチームの戦力を紹介する。■強力バックス走るFW 佐賀工は日本代表候補2人と大型CTBを擁し、ハンドリングの技術とFWの脚力をチームの持ち味とする。仁位岳寛監督は「ラインアウトに心配はなく、セットプレーでどれだけ安定できるかが上位進出への鍵を握る」と語る。

 FW陣の中核を担うPR岡輝剛は96キロの体格を生かしたパワーと運動量を併せ持つ。日本代表候補のナンバー...    
<記事全文を読む>