第96回全国高校ラグビーは27日、大阪・花園ラグビー場で開幕する。3年ぶり5度目の出場となる本県代表の浜松工は28日の1回戦(午後2時開始予定)で米子工(鳥取)と対戦する。県勢と鳥取代表の初戦は3年連続。勝てば2回戦でシード校の東福岡とぶつかる。

 体格差のある全国の強豪に対抗するため、浜松工が追求してきたのは15人全員が連動し、人とボールを常に動かす「フルモーションラグビー」。SH小笠原の素早い球出しから、SO小池を起点にテンポ良く展開する。厳しい練習でスピード、パスの精度に磨きを掛け、持久力を培ってきた。

 スクラムにも策がある。「相手に(ルール上最大の)1・5メートル押されな...    
<記事全文を読む>