第96回全国高校ラグビー大会は27日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕し、51代表校が火花を散らす。本県代表の国学栃木はBシードで30日の2回戦が初戦。玉島(岡山、初出場)-日本航空石川(石川、12年連続12度目)の勝者を迎え撃つ。17年連続22度目の花園に挑む国学栃木は「15人一体」のラグビーで5大会ぶりの8強入り、その先の日本一に向け、士気を高めている。

 ことしのチームは2月の関東高校新人大会で桐蔭学園(神奈川)を破って初優勝、今春の全国選抜大会で8強入りなど結果を残してきた。吉岡肇(よしおかはじめ)監督は「個々に決定力があり攻守でバランスがいい。密集のパワーと15人で...    
<記事全文を読む>