全国高校大会に出場する深谷ラグビー部の31人は20日、深谷公民館で小島進深谷市長を表敬訪問した。新井駿主将は「目標の全国ベスト8を達成できるよう全力で戦ってくる」と決意を新たにした。

 表敬訪問では同高の中村光男校長が県大会の経過を報告。続いて、横田典之監督がチームの現状を話し、「けが人もなく例年にないぐらい良いコンディション。仕上がりも大変良い」と調整が順調に進んでいると伝えた。その後、選手が自己紹介を行った。

 小島進市長はあいさつで「深谷のラグビーが少しずつ進化していく姿を見てきた。今までの歴史を引き継ぎ、花園で新たな歴史を作ってほしい」とエールを送った。

 深谷は26日、深谷...    
<記事全文を読む>