ラグビー(27日~1月7日・大阪)【秋田工・3年ぶり66度目】 大会出場校の中で最多出場を誇るが、選手にとっては初の花園。“初陣”が近づくにつれてチームの士気が高まり、FL佐々木哲平主将(3年)は「全国の舞台で自分たちの力がどこまで通用するのか、今からとても楽しみ」と試合を待ちきれない様子で語った。

 県予選決勝では、堅いディフェンスを武器に勝ち上がってきた秋田に対し、FW、BKが一体になった厚みのある攻撃で押し切った。だが、後半は勢いに乗って33得点と爆発したものの、前半は決定力を欠いてCTB児玉樹(2年)のトライによる5得点にとどまり、戦い方に課題を残した。

 チームは前半から...    
<記事全文を読む>