四日市市平尾町のメリノール女子学院(伊藤春樹学院長)は十六日、来年春の女子ラグビー部創設を発表した。校内にラグビー場を整備し、中高一貫校の特性を生かして将来の日本代表輩出を目指す。

 設立、指導には県内の女子ラグビーチーム「PEARLS」も協力。PEARLSのジュニアチームで学ぶ小学生らが入学を検討しているという。ラグビー部顧問として競技経験者を採用するほか、既存の多目的グラウンド約一万平方メートルに芝を張って来年中頃までにラグビー場を整備。PEARLSのトップチームの選手を招いた合同練習も予定している。

 同校は来春から男女共学化し校名も「四日市メリノール学院」に改める。同日、同...    
<記事全文を読む>