27日開幕の全国高校ラグビー大会(大阪・花園ラグビー場)に北北海道代表として初出場する旭川工業高ラグビー部の選手らが16日、旭川空港を出発し、事前合宿を行う大阪に向かった。空港内では出発式が行われ、父母らが選手たちを温かく送り出した。

 一行は平間慎理(しんり)監督(52)や部員、マネジャーら29人で、22日の終業式を前に現地入りする。出発式では、父母会長の天野豊秀さん(50)が「一日でも長く応援したいので、初勝利を目指して頑張って」と選手たちを激励した後、父母から応援メッセージを手書きした大きな旗が手渡された。

 初戦は高鍋(宮崎)と対戦するが、平間監督は「精いっぱいがんばりたい...    
<記事全文を読む>