全国高校ラグビー大会に出場する深谷の選手激励会が12日、深谷市西島町の埼玉グランドホテル深谷で開催された。主将の新井駿は「一戦一戦全力で戦ってベスト8に入り、歴史をつくりたい」と力強く宣言した。

 激励会には来賓やOB、父母会のほか、ラグビー関係者ら約150人が参加。横田典之監督をはじめ、スタッフと約70人の部員が盛大な拍手に迎えられて入場した。

 木村績男OB会長の開会の言葉に続き、同校の中村光男校長があいさつ。激励の言葉で、小島進深谷市長が「ラグビー・ワールドカップの会場に選ばれた県の代表という思いを背負って、頑張ってきてもらいたい」と鼓舞。県ラグビー協会長の富岡清熊谷市長は「...    
<記事全文を読む>