12月下旬から年明けにかけて、全国高校総合体育大会の一環として開かれる駅伝とラグビーの全国大会に出場する沖縄県勢の結団式が7日、那覇市の県立武道館で開かれ、選手たちが健闘を誓い合った。

 12月25日に京都市で行われる全国高校駅伝には男子コザが2年連続7回目、女子那覇西が初出場し、ラグビーの第96回全国大会(12月27日~1月11日・東大阪市花園ラグビー場)には名護が3年ぶり16度目の出場となる。コザの久高宙大主将は「近年県勢は下位に甘んじているが、今年はいいメンバーがそろう。県記録更新を目指し、県の長距離界を盛り上げる走りをしたい」と意気込んだ。

 那覇西の儀保優奈主将は「初めて...    
<記事全文を読む>