第96回全国高校ラグビー大会(27日~来年1月7日、大阪府・東大阪市花園ラグビー場)に出場する黒沢尻工は7日、盛岡市の岩手日報社を訪れ、全国での活躍を誓った。

 訪れたのは、福士猛夫校長、八重樫春樹主将、高橋智也監督。2年連続28度目の出場を果たした同校は、大会2日目の28日、1回戦で35年連続出場の佐賀工と対戦する。花園では初顔合わせとなるが、高橋監督は「今年のチームはFWに加えバックスも前に出ることができる。十分にチャンスはある」と力を込めた。【写真=全国大会での躍動を誓った(右から)福士猛夫校長、八重樫春樹主将、高橋智也監督=盛岡市・岩手日報社】
<記事全文を読む>