第96回全国高校ラグビー大会(27日開幕・大阪府花園ラグビー場)の組み合わせ抽選会が3日、大阪市内であり、各都道府県代表51校の3回戦までのトーナメントが決まった。県代表の舞鶴(31年連続55回目)は1回戦からの登場で、大会第2日の28日、第1グラウンドの第3試合で茨城代表の茗渓学園(5年連続22回目)と対戦する。

 抽選会には中川盛夫監督と中尾泰星主将(3年)が出席し、部員は校内で連絡を待った。初戦の相手が分かると、気合の入った声が上がった。

 斎藤真太郎副主将(同)は「相手は素早い展開ラグビーの印象がある。FWが崩して、BKにつなぎたい」、薬師寺晃副主将(同)は「チャレンジャー...    
<記事全文を読む>