第96回全国高校ラグビー大会(27日~来年1月7日・花園ラグビー場)の3回戦までの組み合わせ抽選会が3日、大阪市内で行われた。秋田県代表の秋田工は、30日の2回戦から登場し、報徳学園(兵庫)―郡山北工(福島)の勝者とぶつかる。試合は午後1時15分から同ラグビー場第2グラウンドで行われる。

 3年ぶり66度目出場の秋田工は、ナンバー8濱野隼也(3年)ら高校日本代表候補4人が攻守の中心。セットプレーに安定感があり、走力が高く攻撃力に自信を持つ。ピッチを広く使ったパス回しからの抜け出しが得点パターン。県予選決勝では38―13で秋田を下したが、前半は5得点に終わった。序盤から連続攻撃で攻...    
<記事全文を読む>