第39回全国高校柔道選手権大会県予選は26、27日、奈良市中央第2武道場で男女の個人、団体戦を行い、団体戦の男子は天理が39年連続の優勝を果たし、女子は奈良育英が4連覇した。

 男子団体は、5人による勝ち抜きで行われ、天理は初戦の西の京、準々決勝の畝傍をいずれも5人残しの完勝で勝ち上がり、決勝の添上戦は、先鋒(ぽう)の末次だけで4人を倒したが、5人目の山下とは引き分けて4人残しで優勝した。

...    
<記事全文を読む>