兵庫県高校新人大会を兼ねた剣道の高砂市長杯争奪高校大会(神戸新聞社後援)は25日、高砂市総合体育館で開幕し、男女個人戦があった。育英勢同士による男子決勝は、横藤竜平が藤田知也を破って初優勝。関学勢対決となった女子決勝は、今夏の全国高校総体8強の大西真奈未が、前年覇者の植田華加を下して初の栄冠をつかんだ。

 26日は男子団体、27日は女子団体があり、男子の優勝校と女子の優勝、準優勝校は全国高校選抜大会(来年3月・愛知県春日井市)の出場権を得る。

...    
<記事全文を読む>