啓明-関学という史上初の兵庫対決となったアメリカンフットボールの全国高校選手権関西地区大会決勝は27日、王子スタジアムで行われ、勝者が全国高校選手権決勝「クリスマスボウル」(12月23日・キンチョウスタジアム)の出場権を手にする。関西地区大会準決勝(13日)の試合中の事故で関学の選手が亡くなり、両校の選手たちは精神的ショックを抱えながら全力プレーを期す。力は伯仲し、接戦が予想される。

 3年連続日本一を目指す関学は、専門家のカウンセリングなどを経て、22日に練習を再開した。復帰に時間がかかっている選手も少なくないといい、強制はせず、個々の状態に応じて少しずつ練習の強度を上げている...    
<記事全文を読む>