(第1日・県武道館=21日) 女子団体と、団体に出場できない学校の選手が争う男女個人が行われ、女子団体は埼玉栄が決勝で大宮東に3―0と快勝し、16年連続25度目の栄冠を獲得した。

 個人では、男子は市原和明(浦和東)が初優勝を飾り、女子は荒井彩夏(川越工)が初の頂点に立った。

...    
<記事全文を読む>