レスリングの全国高校選抜大会東海地区予選会は19日、静岡県焼津市の焼津市総合体育館で開幕。初日は学校対抗戦があり、10月の県高校新人大会1位のいなべ総合は東海地区3位校として5年連続の全国高校選抜(来年3月・新潟市)出場を決めた。20日は個人戦フリースタイルがある。

 学校対抗戦はトーナメント形式で行われた。東海4県から計8校が出場し、ベスト4までが全国大会に進む。7階級7人の対戦結果で勝敗をつけ、いなべ総合は準決勝で今大会優勝の沼津城北(静岡)に2―5で敗れたが4強入りで東海大会進出を決めた。

 いなべ総合に続く県2位校の朝明は、1回戦で星城(愛知)に2―5で敗れて準決勝に進めな...    
<記事全文を読む>