新体操の東北高校選抜大会最終日は19日、福島市国体記念体育館で行われ、県勢は男子団体で盛岡市立が16・400点で準優勝した。優勝は17・125点の青森山田。

 女子団体は北上翔南が7・600点で6位、盛岡白百合学園が7・300点で8位だった。

...    
<記事全文を読む>