平成28年度県高校新人卓球大会兼第44回全国高校選抜大会近畿地区大会兼第31回近畿高校新人卓球大会県予選最終日は12日、男女の学校対抗を行い、男子団体は東大寺学園が3―2で天理に競り勝ち初優勝した。女子は奈良女子が3―1で帝塚山を下して2年ぶり30回目の頂点に立った。

 男子決勝は東大寺学園がシングルスで1―1となった後、ダブルスの大谷・藤岡が価値ある勝利で2―1としリード。最後はシングルスを制して天理に競り勝った…

...    
<記事全文を読む>