第36回全九州高等学校空手道新人大会兼全国選抜予選は11~13日、長崎市の長崎県立総合体育館であり、佐賀県勢は男子個人形の馬場海星(龍谷)が九州北ブロックトナーメントで2位となった。

 馬場のほか、男子個人組手の松嶋駿(佐賀東)、女子形の瀬戸口楓子(唐津西)、同組手の大野可和世(佐賀北)は10月の県大会を制して全国選抜大会の出場権を得ている。団体で県大会1位の男子形・唐津東と同組手・佐賀東、女子団体形と同組手の佐賀北も全国大会に出場する。全国選抜大会は来年3月、大分県で開かれる。

...    
<記事全文を読む>