アメリカンフットボールの全国高校選手権関西地区大会は13日、大阪府吹田市の万博フィールドで準決勝2試合があり、啓明と関学の兵庫勢2校が勝ち上がった。兵庫同士の決勝は史上初。

 啓明は大産大付(大阪)を19-7で破り、初の決勝進出。3年連続の高校日本一を狙う関学は立命館守山(滋賀)を31-7で下した。両校はクリスマスボウル(全国高校選手権決勝)進出を懸け、27日に王子スタジアムで対戦する。

 啓明は4点を追う第3クオーター(Q)にRB鶴留のタッチダウン(TD)で逆転し、RB横山の59ヤードTDランなどでリードを広げた。関学は第1QにQB奥野からRB並へのTDパスで先制し、RB三宅の2...    
<記事全文を読む>