高校女子ハンドボールで年間三冠を達成した県立水海道二高ハンドボール部の報告会が六日、地元の常総市で開かれた。「常総ふるさとまつり」に合わせて実施、偉業を成し遂げた選手たちを祝福しようと多くの市民が駆け付け、部員たちに温かい拍手を送った。(越田普之) 水海道二高は今春の全国高校選抜で初優勝を果たすと、夏の高校総体も勢いそのままに四十六年ぶりの栄冠に輝いた。準優勝だった昨年の悔しさを胸に臨んだ十月の国体は、延長戦や僅差の試合を勝ち抜き頂点へ。昨年九月の関東・東北水害からの復興途上にある市に最高のニュースをもたらした。

 主将としてチームを引っ張ってきた三年の相沢菜月選手は「苦しい戦い...    
<記事全文を読む>