(第3日、7日・上尾市民=埼玉新聞社など後援) 準決勝を行い、埼玉の花咲徳栄・大宮ろう・浦和ルーテルの三校連合は法政二(神奈川)に4―8で逆転負けし、決勝進出を逃した。

 五回に1―1と追い付いた三校連合は、六回に敵失、青柳の適時打、内野ゴロで3点を勝ち越した。だが、その裏に3失策が絡み、同点とされると、七回には3番手相馬が踏ん張れず、内野ゴロと2本の適時打で3点を奪われた。打線は七回以降は無安打に終わり、反撃できなかった。

...    
<記事全文を読む>