相撲の全国高校新人大会県予選(兼県高校新人大会)は6日、愛南町の御荘B&G海洋センター相撲場で団体と個人、体重別個人戦を行った。団体は野村高校が4連覇、個人は住木厳太(野村)が2連覇を達成した。体重別個人は80キロ級で山下拓海(津島)、100キロ級で近平昌優(南宇和)が頂点に立った。

 団体優勝の野村と個人上位3人、体重別個人優勝者は来年3月18、19日に高知市で行われる全国大会に出場する。

...    
<記事全文を読む>