アメリカンフットボールの全国高校選手権関西地区大会第3日は5日、大阪府吹田市の万博フィールドで準々決勝3試合があり、関学(兵庫)は立命館宇治(京都)を28-7で破り、準決勝に駒を進めた。

 関学は、攻撃の要2人が執念のパスで試合の流れを引き戻した。第3Qに同点とされた直後。自陣深くの第3ダウンでQB奥野はあわやQBサックという危機に見舞われたが、タックルをかわしながら諦めずにパスターゲットを探した。呼応するようにRB三宅が「プレーが崩れたなら自分が取る」とスピードを生かしてフリーに。起死回生のパスで攻撃をつなぐと、勝ち越しTDパスもこの2人だった。

...    
<記事全文を読む>