静岡県高校新人ソフトボールは5日、沼津市内で男子のリーグ戦と女子の決勝を行い、男女とも飛龍が優勝し、来春の全国選抜への出場権を獲得した。女子は決勝で加藤学園を7-1で下し、男子は4チーム総当たりのリーグ戦を全勝した。

 ■女子3連覇 勝負どころ逃さず ソフトボール女子は飛龍が3連覇を飾った。加藤学園との決勝は四回に打者一巡、長短5安打の猛攻で6点を挙げ、左腕曽根が威力のある直球で押して1失点に抑えた。杉山監督は「練習してきたことをきっちりやってくれた」と、勝負どころを逃さなかった選手をたたえた。

 頂点まで、決して楽な勝ち上がりではなかった。藤枝順心との準々決勝は延長十回を戦い、常...    
<記事全文を読む>