ソフトボールの全国高校選抜大会県予選は3日、八幡浜市の王子の森スタジアムなどで開幕し、男子の決勝までと女子の準決勝までを行い、男子の松山工が2年ぶり8度目の優勝を決めた。

 女子は西条と聖カタリナ学園が準決勝を制し、5日に同スタジアムで行う決勝に駒を進めた。

...    
<記事全文を読む>