県高校新人スポーツは29、30の両日、作新高総合体育館ほかで体操、新体操、テニスを行い、体操個人総合は男子2年を家村魁人(いえむらかいと)(作新)、女子2年を増田沙都(ますださと)(同)が制した。

 新体操個人総合1年は稲見有梨(いなみゆうり)(文星女)、同2年は福富梨加(ふくとみりか)(小山西)が優勝。テニスは女子団体を行い、決勝で作新が真女にストレート勝ちし4年連続25度目の頂点に立った。

...    
<記事全文を読む>