バレーボールの第69回全日本高校選手権埼玉大会(埼玉新聞社後援)は14日、さいたま記念総合体育館で行われ、男子は埼玉栄が2年連続5度目の頂点に立ち、女子は細田学園が2年連続12度目の優勝を飾った。両校は同選手権(来年1月4~8日・東京体育館)の出場権を獲得した。

 埼玉栄は2年連続6度目、細田学園は2年連続17度目。

 埼玉栄は準決勝で伊奈学園を2―0で下すと決勝は昌平に3―1で競り勝った。セットカウント1―1から第3、4セットを25―22、27―25でもぎ取った。

 細田学園は準決勝で狭山ケ丘を2―0で退けると決勝でも市川越に3―1で快勝。第1、2セットを25―22、28―26で制...    
<記事全文を読む>