第69回全日本バレーボール高校選手権県代表決定戦は最終日の13日、青森市のカクヒログループスタジアムで男女決勝を行い、男子は弘前工が3-0で五所工に勝利、女子は聖愛が3-0で青森西を下した。弘前工は3年連続39回目、聖愛は12年連続14回目の全国高校選手権出場となる。

...    
<記事全文を読む>