バレーボールの第69回全日本高校選手権(春高バレー)群馬県予選会は5日、前橋市のALSOKぐんまアリーナで男女の準決勝と決勝が行われた。

 男子は伊勢崎が高崎工をストレートで下して2年ぶりに優勝し、県大会4冠を達成。女子は高崎商大附がインターハイ県予選を制した西邑楽をフルセットの末に破り、6年ぶりの頂点に立った。

 伊勢崎と高崎商大附はともに11度目の本大会(1月4日開幕、東京体育館)出場を決めた。

...    
<記事全文を読む>