バレーボールの第69回全日本高校選手権埼玉大会(埼玉新聞社後援)の決勝トーナメント(13、14日・さいたま記念総合体育館ほか)の組み合わせ抽選会が1日、上尾市のスポーツ総合センターで行われ、出場する男女各32チームの対戦カードが決まった。

 男女の優勝校が全日本選手権(来年1月4~8日・東京体育館)の出場切符を手にする。

 夏の高校総体予選の順位でそのまま第1~4シードを決定し、8強は抽選で第5~8シードに入った。第9~12シードには各地区予選の優勝校が収まった。

 男子の第1シードは今季県3冠で前年王者の埼玉栄。第2シード以下は正智深谷、昌平、伊奈学園となった。

 女子は高校総体予選...    
<記事全文を読む>